内容詳細

ご予約承ります★3月20日発売予定!BCJ/バッハ:教会カンタータ全集

日本単独企画として全点SACDハイブリッドで登場!
美麗豪華ボックスで超お買い得完全限定盤!
日本語解説&対訳豪華上製本付き!

SACDハイブリッド盤。完全限定生産。1995年に開始したバッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハの教会カンタータが18年を経て2013年に完結しました。日本の団体としては初で、まさに世界に誇る偉業と申せましょう。この全タイトル55枚を日本独自の豪華ボックス・セットにして発売。

【注目の特典盤】
予約限定特典として、BCJが2005年9月にセッション録音されながら、未発表のままになっていたバッハの『詩篇51番』BWV1083(原曲:ペルゴレージの『スターバト・マーテル』)の通常CD付き。演奏も素晴らしく、非常に貴重なお宝です。

【前半27巻分もSACD化】
注目は、全点がSACDハイブリッド盤であること。同シリーズ既発分のうち、第1巻から27巻までは通常CDでしたが、今回、BIS社社長フォン・バール氏自らがリマスタリングを行ない、すべてSACDハイブリッド化を実現させました。それにより、より臨場感あふれるサウンドでお楽しみいただけます。

【最初から一貫して高水準な演奏】
ことに初期のメンバーだった米良美一は今聴いてもゾクゾクする美声。あらためてBCJの実力を実感できます。声楽陣も常連のゲルト・テュルク、ペーター・コーイをはじめ、鈴木美登里、野々下由香里といった懐かしいメンバーから、最近のハナ・ブラシコヴァやキャロリン・サンプソンら豪華な名が並びます。
器楽陣も鈴木秀美、寺神戸亮、三宮正満ら常連のほか、コンチェルト・パラティーノ、ダン・ラウリンら世界的名手も出演するなど、考えうる最高のキャストで臨んでいます。

【豪華な日本語解説書】
日本語解説書も全面改訂したうえで5分冊による計1000ページを越える豪華上製本化。磯山雅、鈴木雅明、クラウス・ホーフマン各氏による詳細な解説も読み物として面白く、豊富な知識を与えてくれます。歌詞はこれまで日本語訳のみだった第1巻から33巻までもすべて対訳化したのも嬉しい限り。

【高級感あふれる装丁】
外箱の装丁も美麗で、高級感あふれるインテリアとしてもピッタリ。これ1セットあれば、バッハの教会カンタータ通になれる、超弩級の全集です。