ひのまどかさん講演会
“戦争と音楽~いま振り返る『戦火のシンフォニー』取材時のこと”

音楽作家のひのまどかさんの著作はどれも、真実の持つ力強さが行間からあふれ出るように読者に伝わるところが魅力です。それは舞台となった現地を訪れ、遺族や関係者から直接話を聞くという取材姿勢からくるものに違いありません。本作についても執筆のためにロシア語を一から学び、数度にわたってロシアを訪れ、取材や資料収集を重ねられました。当時の取材を振り返って今思われることとは、どんなことでしょうか?
戦争の終息が見えない今、私たち自身の思考を深めるための貴重な講演会に、ぜひ皆さまご参加ください。

日時:2022年8月19日(金) 午後6時~7時半
※当日は準備のため午後5時にて閉店いたします。受付は5時40分頃からです。
※講演会終了後にサイン会が予定されています。ひのまどかさんのサインをご希望の方は、当日ナルニア国で書籍をお買い求めください。
★出版社品切れの本書を、講演会のみ特別販売いたします。ご希望の方は参加申し込み時にスタッフにお申し出ください。(1800円)

会場:教文館9階ナルニア国店内
定員:40名(大人対象/小学生以下不可・託児なし)
参加費:1000円 ※現金のみ、当日受付でお支払いください。

●お申込み方法●
参加ご希望の方はお電話でナルニア国までご連絡ください。
申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後7時)
※1コール1名様のみ。ご家族の場合のみ複数名もお受けします。

【お願い】
・当日体調の悪い方は参加をご遠慮ください。
・ご入場の際はマスクの着用をお願いします。
※マスクをご着用でない方は、入場をご遠慮いただく場合がございます
・会場入口では検温と手指の消毒にご協力ください。
・換気のため会場の窓を開けております。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

【講師紹介:ひのまどか】
音楽作家。東京生まれ。東京藝術大学器楽科(ヴァイオリン専攻)卒業。東京ゾリステン他でヴァイオリニストとして活躍。東京芸術大学、故小泉文夫教授の下で民族音楽を研究。その後、作曲家の伝記や小説、音楽解説などの執筆活動に入る。現地取材がモットーで、「作曲家の物語シリーズ」(リブリオ出版・児童福祉文化賞を2度受賞)は全20巻中、19巻をてがけた。主な著書に『星の国のアリア』(講談社)、『総統のストラディヴァリ』(マガジンハウス)、原案・監修に「学研 音楽まんがシリーズ」などがある。現在ヤマハミュージックエンタテインメントホールディグングスから「音楽家の伝記 はじめに読む1冊」シリーズを刊行中。