現在6階ナルニアホールは“生誕111年 赤羽末吉展”の第2会場として赤羽末吉氏の生涯をたどる年譜と共に、9階の会場に足を運んでいただくための展示も行っています。その一つが“スーホいろいろ”です。
『スーホの白い馬』が有名なのは、長いこと教科書に掲載されていたからというのが大きな理由の一つです。絵本として最初に登場したのは1961年10月の月刊絵本こどものともでしたが、その後1965年~2005年の40年にわたり光村教育図書の国語の教科書に採用され(その際の挿絵も赤羽末吉が手がけました)、また1967年には「こどものとも」を全面的に描き直した大判横型の絵本として出版されました。これが現在私たちが目にする『スーホの白い馬』の絵本です。年代によって読者がさまざまな出会いを重ねているのも、『スーホの白い馬』が有名かつロングセラーになっている理由だと思います。

ガラスケースには「スーホ」の掲載された教科書も展示。きっとこの教科書が懐かしい~という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

9階の本展覧会場では『スーホの白い馬』の全場面が展示されています。原画の色彩と風合いを精巧に再現したピエゾグラフは、素人目には原画との違いはわかりません。赤羽さんが愛し、日本の子どもたちに伝えたかった「大陸の果てしなく続く地平線と大きな空とそこに暮らす人々のたくましい生活」が、この作品からは圧倒的な熱量で伝わってきます。ぜひ皆さまにもモンゴルの大草原を体感していただければ嬉しいです。

★6階ナルニアホールは入場無料です。午前10時~午後6時まで、どなたでもご覧いただけます。
★9階は有料の会場です(大人800円/大・専門学校生500円/高校生以下無料)。
★9階の開場時間は午前10時半~午後6時までです。

★ご注文はお電話、Fax、メールにて承ります。お問い合わせはこちらまで。
売場直通電話 03-3563-0730
Fax 03-3561-7350
メール narnia@kyobunkwan.co.jp