キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
教文館 > ウェンライトホール(貸しホール)

ウェンライトホール(貸しホール)

ウェンライトホール

ウェンライトホールは

地下鉄銀座駅から徒歩1分のアクセス、銀座通りに面したわかりやすい立地、十分なスペース、そして地域最安値クラスの料金など魅力的な貸しスペースです。

各種講演会、展示会、立食パーティー、研修、セミナー、その他イベントなど様々な用途にご利用頂けます。

*館内は禁煙となっております。

 お見積もり・問合せボタン


【ウェンライト・ホール利用料金】詳細を見る
【用途例】

教室形式(机をセット)・・・72名

講演会形式(椅子のみ)・・・100名

午前午後1午後2
9:00~12:0013:00~15:0015:30~17:30
35,000円35,000円35,000円

 

日中通し夜間1日通し
9:00~17:3018:00~21:009:00~21:00
90,000円50,000円140,000円

 


【ウェンライト・ホール見取り図】詳細を見る

 

ウェンライトホール平面図

【ウェンライト・ホール利用例】

 

■お問合せ先:ウェンライトホール事務局
03-5250-0789(電話)
03-3535-5052(FAX)
nagai@kyobunkwan.co.jp(担当者メールアドレス)

【書式ダウンロード】

“ウェンライトホール利用申込書” をダウンロード wainright.pdf – 1089 回のダウンロード – 96 KB

 

wainright_ptSamuel H. Wainright (1863~1950)米国ミズリー州の医師であったが、明治21年に夫人 とともに来日。大分中学校に勤務しつつ伝道に励む。 2年後、神戸に転じ関西学院教授など活動のかたわら、日本の理解に仏教・神道・文学などを研究。関西学院学部長、年会執事、議長など要職を歴任後、帰国 (1906年)。大正元年に基督教文学委員会(後の基督教興文協会)主幹として再来日し、東京に在住。その人格・識見により日米平和協会会長などに選任さ れる。関東大震災により建物・図書を失った興文協会は、大正14年に教文館と合併し主幹となる。その後、米国での建築募金活動、国内諸団体との折衝など幾 多の困難を経て、昭和8年に教文館ビルの竣工に尽力し、各種キリスト教書籍の普及に貢献した。昭和13年帰国、オークランドの自宅において 87歳で死去。

 

rey_ptAntonin A. Raymond (1888~1976)大正8年帝国ホテル設計のためライトに従って来日、翌 年に独立して東京女子大学総合計画をはじめ、聖路加国際病院、伊・仏・米の各大使館などを設計した。その他、戦前の代表的建築物には、兵庫県小林聖心女学 院(26)、教文館(31)、カトリック軽井沢教会(34)、東京女子大学礼拝堂及び講堂(34)がある。昭和23年再び来日し、リーダーズダイジェスト 日本支社、国際基督教大学をはじめ数々の傑作を生み、戦後日本の近代建築の発展に主要な役割を果たした。作品の特徴は、端正な近代建築の中に西欧の古典的 教養と丸太や障子など日本的素材が巧みに織り込まれた独特の美しさにある。また吉村順三、前川国男ら日本の代表的建築家を育てた功績も大きい。


ウェンライトホールご利用案内ページへ
ウェンライトホール施設利用料金ページへ

PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.