• 期日: 2024年6月23日(日)
    時間: 13:00~16:30
    場所: 教文館3階ギャラリーステラ
    主催: 本格ミステリ作家クラブ/教文館 共催
    料金: 無料(抽選有り)

第24回本格ミステリ大賞が決定しました!受賞を記念して、トークショーとサイン会を開催いたします。今回、受賞者によるトークショーはオンライン配信にて、サイン会は店頭にて実施いたします。

⇒参加方法(抽選) 受付終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

Peatixで申し込む

【日時】2024年6月23日(日)

第一部(13:00-13:45):トークショー オンライン配信

第二部(14:00-16:30):サイン会(会場:教文館3Fギャラリーステラ)

 

 

 

 

受賞者・受賞作品

〈小説部門〉

青崎有吾『地雷グリコ』(KADOKAWA)

〈評論・研究部門〉

川出正樹『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション 戦後翻訳ミステリ叢書探訪』(東京創元社)

 

イベント詳細

【第一部・トークショー】 13:00-13:45(予定) オンライン配信

  登壇者 : 青崎有吾 川出正樹 (司会)若林踏

トークショーは、どなたでもご視聴できます。お申し込みは必要ございません。

Youtubeで配信いたします。下記より、ご参加ください!

ライブ配信の後も、一定期間、録画された配信は視聴可能です。

 

【第二部・サイン会】 14:00-16:30(予定) 会場:教文館3Fギャラリーステラ

  サイン会参加作家(敬称略)5名

  青崎有吾 青柳碧人 太田忠司 川出正樹 麻耶雄嵩

*各作家3冊までサイン可

⇒参加方法(抽選)受付終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

Peatixで申し込む

期間中、ご応募いただいた方の中から抽選で100名の方に、参加方法のご案内メールをお送りいたします。

応募期間:2024年6月4日(火)~ 6月8日(土)

メール配信:6月11日(火)予定

 

サイン会参加ご希望のお客様へ

①会場のスペース上の都合により、時間帯により20名ずつご案内いたします。時間帯はお選びいただけません。

②サイン会対象書籍は、当店(教文館)でご購入のものに限ります。ご当選のメール配信後(6/11以降)より、当店2Fイベント特設コーナーでご購入ください。書籍に購入証明書がはさみ込まれております。購入証明書はサイン会場に書籍と一緒にお持ちください。

③当選の方のみメールを送信いたします。これをもって当選結果の発表に代えさせていただきます。落選された方には、その旨、ご連絡はいたしませんので、あらかじめご了承くださいませ。抽選結果についての個別のお問合せについては、お答えできかねます。

サイン会のご応募方法について、ご不明な点などございましたらメールでお問合せください。担当者より、お知らせいたします。

Mail : tsuda@kyobunkwan.co.jp    担当:津田

 

トークショー登壇者プロフィール

青崎有吾

撮影:田中麻衣

青崎有吾氏プロフィール

1991年神奈川県生まれ。明治大学卒。学生時代はミステリ研究会に所属し、在学中の2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。エラリー・クイーンを思わせる論理展開と、キャラクターの妙味で人気を博す。著作は他に、〈裏染天馬〉シリーズの『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』、〈アンデッドガール・マーダーファルス〉シリーズ、〈ノッキンオン・ロックドドア〉シリーズ、『早朝始発の殺風景』がある。

 

川出正樹

撮影:林直幸(Nayuki Hayashi)

川出正樹氏プロフィール

1963年愛知県生まれ。慶應義塾大学卒。翻訳ミステリを中心に文庫解説や書評などを多数執筆、2009年からは〈翻訳ミステリー大賞シンジケート〉サイトにて「書評七福神」の一人としても活動、毎月翻訳ミステリの新刊ベスト1を紹介する。書評七福神編著『書評七福神が選ぶ、絶対読み逃せない翻訳ミステリベスト2011-2020』などがある。

 

若林踏

若林踏氏プロフィール

1986年生まれ。ミステリ書評家。「ミステリマガジン」「週刊新潮」など各媒体でのミステリ小説の書評、文庫解説を中心に活動。著書に『新世代ミステリ作家探訪』(光文社)がある。