教文館公式サイトのナルニア国(子どもの本)部門です。
教文館公式サイト > 教文館ナルニア国 > ナルニア国のイベント

ナルニア国のイベント

ナルニア国のイベントのご案内

ナルニア国のイベント
イベント一覧
定期イベント
子どものためのおはなし会 ブックトークの会
ナルニア国のイベント情報を、メールにて無料でお知らせしています。
メールマガジン
お申込みフォーム

【ナルニア国のクリスマス2019 アロイス・カリジェ展】
 2019年のクリスマスフェアのナルニアホールでは、スイスの画家アロイス・カリジェの『ウルスリのすず』をご覧いただきます。2018年に新規製版で原書の色に沿った形で美しくよみがえった絵本を、どうぞごゆっくりお楽しみください。
 また、会期中の11/21(木)にはフリーライターの柴田こずえさんとナルニア国スタッフによるトークも予定されています。展示中の貴重な資料の内容をご覧いただく特別な会です。『ウルスリのすず』が最初に書かれた言語、ロマンシュ語による朗読音源もお聴きいただけます。(資料の展示については、新潟大名誉教授・眞壁伍郎さんにご協力いただきました)
参加ご希望の方はナルニア国までご連絡くださいませ。

会期:現在開催中 ~2020年 1/5(日)
★店内やナルニアホールにてイベント開催のため、展示をご覧いただけない時間帯がございます。また、ホール内の写真撮影はご遠慮ください。

アロイス・カリジェ『ウルスリのすず』展   6階ナルニアホールの様子


ナルニアホールに展示されているのは、岩波書店からお借りした、カリジェが生きていた時代のスイスの印刷物を額装したものです。昔の印刷って、なんでこんなに色がきれいなのでしょうねぇ。


全点並ぶと壮観です! スイスの自然と文化を愛した作家の描く子どもたちは、素朴で力強く喜びに満ち溢れています。


これはウルスリがたどり着いた山の家のシーン。日が沈む前の淡いオレンジ色にそまる空がとても美しくてびっくりします。同じ小屋の夜の場面もお見逃しなく!

安野光雅さんが『旅の絵本Ⅸスイス編』の中に、ウルスリを描いているのをご存知ですが? ぜひこの場面の中から探してください。

ガラスケースの中には過去に行われた展覧会の図録や、カリジェの絵本以外の仕事を紹介する貴重な資料も展示しています。舞台美術やスイス博覧会のポスターも手がけていました。


これはカリジェが挿絵を描いたスイスの小学校教科書。中をお見せできないのが残念なくらい、素敵な教科書です。


スイスではカリジェのポストカードや豆本なども売られている(いた?)そうです。ちっちゃい版もすごくカワイイ!(個人蔵)

現在入手可能なカリジェの絵本は『ウルスリのすす』『大雪』の2点のみです。ホールの展示をご覧になった後は、ぜひ本をお買い求めくださいませ!

【次回のギャラリー展示・予告】

降矢なな 絵本デビュー35周年記念展 プレ原画展(仮)
会期:2020年1月10日(金)~2月24日(月祝)予定
 2020年3月~4月にかけて、9階のウェンライトホールで原画展が予定されている降矢ななさんのプレ原画展です。この期間には2019年11月の新刊『あたまをつかった小さなおばあさん』続編に関する、降矢ななさんと松岡享子さんの対談講演会も予定されています。どうぞお楽しみに!
※詳細は決まり次第店頭チラシやホームページでご案内いたします。

PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.