税込価格:1944円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

激動の明治期に「地球」を視野に入れて生きた内村鑑三。彼の生きかたと信仰を、国際的に、思想的に、無教会の内外から、若者の視点から、多面的に問う論考の数々。

「不安と混迷の中にある今こそ、永遠の変わらざるものを求めて前進しよう」との呼びかけのもと、2012年3月22・23日に開催された内村鑑三生誕150周年記念講演会とシンポジウム、ならびに若者によるエッセイ・コンテストの優秀作を収録する。

折りしも、東日本大震災直後の開催となり、「内村と関東大震災」「ポスト・フクシマ」を問う機会ともなった。

矢内原忠雄による内村鑑三生誕100年記念講演CDつき!内村を直接知る矢内原と、現代の「内村評」の変化も興味深い。(音源は本邦初公開)

〔目次と執筆者〕

Ⅰ 講 演

内村鑑三――インターナショナル  木村ハンネローレ(言学寮運営)

内村鑑三の『贖罪』観  道家弘一郎(聖心女子大学名誉教授)

内村鑑三――後衛の道・狭隘の道  大山綱夫(恵泉女学園短期大学元学長)

 

Ⅱ シンポジウム

内村鑑三と改宗の政治学――歴史・文化・現代的意義  トレント・E・マクシー(アマスト大学助教授)

内村鑑三と犠牲  高橋哲哉(東京大学教授)

エキュメニカルなキリスト教の教師としての内村鑑三  武田武長(フェリス女学院大学名誉教授)

パネル討議

 

Ⅲ エッセイ

コンテストについて  大山綱夫

内村鑑三と私 小野寺友実(国際基督教大学在学)

内村鑑三と私  尾崎太一(北海道大学工学部在学)

内村鑑三と私――異教徒は如何にして内村鑑三研究者となりし乎  渡部和隆(京都大学大学院在学

 

付録

内村鑑三略年譜

日本の思想史上における内村鑑三の地位  矢内原忠雄

今井館聖書講堂と資料館について

 

 

 

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。