O-56-8

1・2階 和書部のイベント・フェア情報がわかる!

 “こちわしょ”3月号を発行しました。O-56-8

今月のラインアップ

 

 

韓国文学フェア
みすず75周年フェア
古地図即売会のお知らせ
「今月の1冊」

 

*もっと情報満載の“こちわしょ”を店頭でも配布してます。ご来店の際には是非ご覧ください。

韓国文学フェア       3/1(月)~  二階

 

言葉とその距離感の十字路 ――
韓国の小説を約90点揃えました。
作者と翻訳家に「ありがとう」と伝えたくなる、そんな作品にきっと出会えます。
1冊の本を通して受け取るものは人によって違います。本の中の人物と解りあえない事もあります。
そこに感じるもの。
それが韓国文学の魅力なのかもしれません。

 

 

みすず75周年フェア     3/2(火)~  中2階

 

東京が焼け跡だらけの戦後、復員した小尾俊人が、理性あるものの考え方を民衆に徹底させるべく、
真理を愛し、美しいものを感じ、深いものへ憧れる心を大切に出版を始めてから75年。
今回は、みすず書房全社員にアンケートし、「みすず書房の本、宝さがし」をテーマにしたフェアとなっています。
白いカバーを開ければ、知性と人文の世界が広がります。

 

 

古地図即売会のお知らせ

 

毎回好評の古地図即売会が開催されます。

日にち 3月16日(火)→30日(火)
場所  1階 店頭
※雨天の際は中止となります、ご了承ください。

「今月の1冊」

 

『赤毛のアン

モンゴメリ 著 松本侑子 訳
8巻刊行中
本体780+
文春文庫

 

 

アンは神さまからの贈り物だ。
もうそれだけで胸がいっぱいになる。
アンは愛されている。自分ではまだ気づいていない。
カスバート兄妹との出会いによって世界は美しいものと気づく。
世界は変わる。アンもカスバート兄妹も、まわりも。
そして、感謝で応え希望をもって進む。これ以上の幸せがあるだろうか。
私たちも誰かにとって神さまからの贈り物と思ってもらえるような生き方をしたい。
赤毛のアンは愛と恵の物語である。心からそう思う。

K.M.のオススメ