税込価格:2160円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

悪と不条理がはびこるこの世界で、神は何をしておられるのか?

十字架による神の最終的勝利と神の王国を見据え、今ここに生きるキリスト者を新しい使命へと導く画期的な書。現代を代表する新約聖書学者による、新しい神義論の試み。

 『悪と神の正義』は、2003年に私がウェストミンスター寺院で行った一連の講義として始まりました。それまでの18か月、英国やアメリカのニュースの見出しは、2001年9月11日にニューヨークとワシントンで起きた恐ろしい出来事と、それに続く、大西洋両岸の指導的な政治家の憂慮すべき弁舌に占められていました。彼らは「悪」について、あたかもそれが突然現れて対処を必要とする新しいことであるかのように語っていました。
 政治家たちの弁舌は教会や神学界にいる私たちには、二つの理由から奇妙に聞こえました。第一に、私たちは一度として「悪」が消え去ったとは考えたことがありませんでした。……第二に、キリスト教の福音は、もし「悪」に立ち向かい「悪」の問題を解くべきだとすれば──それがどのような意味にしろ──それは、善良で賢明な創造主である神ご自身の御業によるしかないと示しています。そして、人間たちをおびき寄せて彼ら自身に対しても他人に対しても破壊的な信念や行為に向かわせる闇の諸力に対して、神は実際、イエスに関する福音の出来事で決定的に重大な勝利を成し遂げてくださったと示しているのです。この両方の理由から、当時、「悪の問題」についての新たな分析がふさわしく思えました。(「日本語版への序文」より)

【目次】

日本語版への序文
序文

第一章 悪を語ることはいまだにタブーになっている──悪の新しい問題

 序
 悪の新しい問題
 新しいニヒリズム──ポストモダニティ
 悪の微妙な見方へ
 結論

第二章──神は悪に関して何をなしうるか? 不正な世の中、正義の神?

 序
 祝福を更新するために
 解決の民、問題の民
 私の僕イスラエル、私の僕ヨブ
 結論

第三章 悪と十字架につけられた神

 序
 福音書を読み直す
 悪に対するイエスの態度
 悪の敗北についての初代キリスト教徒の見方
 結果──贖罪と悪の問題

第四章 悪が存在しないと想像してごらん──解放された世界を約束する神

 序
 幕間──悪を「サタン」と呼ぶこと
 悪のない世界
 仲介の務め
 想像力を教育する
 結論

第五章 われらを罪より救い出したまえ──自分自身を赦し、他の人々を赦すこと

 序
 悪に対する神の最終的勝利
 現在の赦し
 結論


訳者あとがき

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。