税込価格:1404円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

発達障害はなぜ起こるの? いつからわかるの?

障害のある人は、どんなことに困っているの?

――さまざまな情報があふれ、振り回されていませんか?

発達障害のある人も、ともに安心・安全に暮らせるようになるために、知っておきたい〈発達障害のただしい理解と生活の工夫、適切な支援〉。

家庭・保育園・幼稚園・学校・職場での〈24時間切れ目のない支援〉をめざして、発達障害の起こる原因と症状、具体的なケアの仕方について、21の事例とともに、現役医師がやさしく紹介します!

 

*もくじ*

第1章 発達障害を理解する

第2章 発達障害と周辺

第3章 乳幼児期に発達障害はわかる?

第4章 年代別支援実例集

第5章 発達障害と学校

第6章 高校・大学、そして就職へ

第7章 切れ目のない支援のために

 

*著者紹介*

古荘純一(ふるしょう・じゅんいち)

小児科医、小児精神科医、医学博士。青山学院大学教育人間科学部教授。1984年昭和大学医学部卒業。昭和大学医学部小児科学教室講師、青山学院大学文学部教育学科助教授を経て、現在にいたる。臨床現場では神経発達に問題のある子ども、不適応を抱えた子どもの診察を行いつつ、大学ではこれから教育現場へ出る学生への指導を行っている。

著書 『不安に潰される子どもたち――何が追いつめるのか』(祥伝社新書、2006年)、『日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか――児童精神科医の現場報告』 (光文社新書、2009年) 、『神経発達症(発達障害)と思春期・青年期――「受容と共感」から「傾聴と共有」へ』(明石書店、2014年)、『医療・心理・教育・保育にかかわる人たちのための 子どもの精神保健テキスト』(診断と治療社、2015年)、『発達障害とはなにか――誤解をとく』(朝日選書、2016年)ほか、編集、監訳、共著多数。

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。