税込価格:2160円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

キリスト教史学からテーゼを徹底検証
 
20 世紀初頭に発表された『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』は、信仰生活と経済の相関性を結論づけた画期的論考として今なお社会学、経済学、政治学の学徒の耳目を集めている。近代資本主義のエートスはプロテスタント的禁欲から生じたという〈ヴェーバー・テーゼ〉は、果たして歴史的実証に堪えうるものなのか? そのキリスト教理解は正鵠を射ているのか? この論争の書を、各教派の研究者が最新の研究成果から再照射し、問題提起の正当性を論ずる。2017 年9 月に開催されたキリスト教史学会大会シンポジウムの書籍化。
 
序 章 キリスト教史学会はなぜヴェーバー「倫理」論文を取り上げるか(大西晴樹)
第1章 M. ルターのBeruf 概念(大村眞澄)
第2章 ヴェーバー「倫理」論文とピューリタニズム(梅津順一)
第3章 ヴェーバーによるドイツ敬虔派の論述(猪刈由紀)
第4章 メソジスト派の記述をめぐって(馬渕 彰)
第5章 「洗礼派」、バプテスト派の記述をめぐって(大西晴樹)
第6章 各章へのコメントと、「倫理」テーゼの再検討の勧め(山本 通)
在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。