税込価格:1320円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

サゾル大聖堂の葉飾りに何を見るか

20世紀を代表する美術史家ニコラウス・ペヴスナーと、
ゴシック・リヴァイヴァルを主導した19世紀の建築家A. W. N.ピュージン。
中世ゴシック芸術の名もなき職人たちの謙遜を称揚する2人の言葉から、
神律的社会から乖離した現代における生のあるべき姿を考える。
現世的欲求にとらわれない、真に価値ある生きかたとは?

《目次》

I ゴシックからゴシック・リヴァイヴァルへ
II ニコラウス・ペヴスナーと表現主義絵画における中世主義の精神
III 利潤・営利の追求と芸術の堕落
IV ニコラウス・ペヴスナーが見た中世ゴシック芸術の真髄
V 19世紀イギリスにおけるゴシックの意味
VI 「正しいキリスト者の生きかた」の表象としてのゴシック
VII ゴシック芸術に学ぶ現代的意義

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。