税込価格:1650円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

今こそ、絵本と物語を通して 子どもたちに〈生きる歓び〉を!

大人の方たちには〈魂の活力〉を!

編集者から児童文学作家となった著者が、キリスト教幼稚園の園長に! 本気になって園児たちと遊ぶ日常生活の記録、祈りの詩、子どもと絵本・物語について語った連載をまとめるエッセイ集。

〈本好きの子どもを育てるためのコツ〉を惜しみなく伝授しつつ、「絵本と物語を読むことは、状況や時代、年齢を超えて〈いつもここにあるよろこび、楽しみ〉」であることを熱く語ります!

 

〈目次と内容〉

Ⅰ 子どもたちの息吹に触れながら――オリエンス宗教研究所「こじか」連載ほか、19篇

Ⅱ 今日の祈り――『おいで子どもたち』(日本聖公会)ほか、5篇

Ⅲ 愛書探訪――読売新聞連載ほか、21篇の読書案内

Ⅳ 子どもを本の世界に導くために――福音館書店「母の友」連載より11篇+1篇

 

*著者紹介

斎藤惇夫(さいとう・あつお)

1940年新潟市生まれ、小学校1年より高校卒業まで長岡で過ごす。立教大学法学部卒業。福音館書店の編集者として子どもの本の編集に長く携わった後、2000年より作家活動に専念。2007年より、河合隼雄氏を継いで「児童文学ファンタジー大賞」選考委員長を務める。2017年4月より日本聖公会浦和諸聖徒教会を母体とする麗和幼稚園園長。講演や著作を通して、子どもの本のあゆみを伝え、子どもたちに本を読んでやることの大切さ、選書の大切さを訴える活動も続けている。

著作 『グリックの冒険』『冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間』『ガンバとカワウソの冒険』『哲夫の春休み』(すべて岩波書店)、『河童のユウタの冒険』福音館書店ほか、講演録『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』教文館など。

*カバー画・挿画 出久根育

 

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。

書評

――本書を推薦します――

大人が子どもから学ぶのに必要な柔軟な心

池澤夏樹(詩人・作家・翻訳家)

逆上がりの練習をしている子を見ていると、別の子が後ろから忍び寄って頭からシャベル一杯の砂をかける。被害者は園長先生、りっぱな後期高齢者。

たくさんの優れた絵本や子どもの本を世に送り出した編集者であり、自身もいくつもの名作を書いた作家である。それがじかに子どもに接する場に放り込まれる。

ぜんたいを貫いているのはイノセンスという価値だ。幼い子にはそれがある。保持するためには導きが必要であり、最良の手段が本。だから本書は読書への誘いとしても役に立つ。

 

子育てに保育にもっと物語を

中村柾子(私立豊川保育園元園長、絵本研究家)

幼稚園の子どもを前に、笑い、恥じらい、むきになり、だまされる斎藤さん。誰よりも子どもを愛し、子どもの目で子どもの本を語る斎藤さん。体に深く刻まれた物語体験のなんと豊かなこと。

斎藤さんは言う。子ども時代の愛読書が、大人になってもなお輝きを放つなら、それを子どもの本と呼ぼう。本好きの子にするために用意されたレシピは、具体的ですぐに役立つ。それらの本を一緒に読み合えば、子育ても保育も、もっと楽しくなる!