税込価格:4950円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

イエス像の再構成への大胆な試み

来るべき「神の国」を告知するイエスの言動を動機づけていた、黙示思想を背景とする“「神の国」のイメージ・ネットワーク”とは一体何なのか? その分析から福音書テキストを再解釈し、ユダヤ主義キリスト教の終末論に及ぼした影響を精査する。フィロンの著作や偽クレメンス文書など重要な古代文献を渉猟し、史的イエス研究の新たな視座を提示する珠玉の論考集。

 

目次

Ⅰ 私のイエス研究――序に代えて

Ⅱ 死人たちには未来がある――マタイ八21-22/ルカ九59-60の新しい読み方

Ⅲ 「神の国」の「十二人」――マタイ一九28/ルカ二二28-30によせて

Ⅳ イエスの変貌(マルコ九2-8)と「上昇の黙示録」

Ⅴ ユダヤ主義キリスト教の終末論――原始エルサレム教会から後二世紀まで

Ⅵ フィロンと終末論――「上昇の黙示録」との対比において

Ⅶ 史的イエスの伝承の判別規準によせて――結びに代えて

付論1 「ナザレ人」と「ナゾラ人」

付論2 偽クレメンス文書(あらすじ)

在庫表示は概要となります。詳しくは「問い合わせる」ボタンから直接出版部にお問い合わせください。