キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
出版書籍
1 2 »

[叢書「改革教会の神学」2]災禍において改革された教会 -その祈りと告白、実践の歴史と現在- New

新しい時代へ、開かれていく教会! 「たえず神の御言葉によって改革される」教会は、直面する危機にどう応えるか? パンデミックや戦争、震災下の歴史に学び、世俗化、多 …

詳細へ

古代イスラエル史 -「ミニマリズム論争」の後で:最新の時代史-

従来の歴史像を覆す新考察!  ◆統一王国の分裂はなかった?   ◆一神教とは無縁のユダヤ教があった?    ◆エルサレムよりも立派な神殿があった?     ◆バ …

詳細へ

[縮刷版]旧約新約 聖書大事典

手に取りやすい[縮刷版]で復刊! 30年以上にわたり多くの読者に愛用され、今なお価値を失わない日本の聖書事典の最高峰。 図版・地図・写真500点、年表40頁収録 …

詳細へ

旧約聖書神学

旧約聖書神学の決定版! 歴史批判的研究は、旧約聖書テクストの多声性をどのように解明するのか? その発展的加筆の跡には、イスラエルのいかなる神学的変遷を辿ることが …

詳細へ

コヘレトと黙示思想

荒廃した時代に、いかなる知恵で対峙するか? 希望を失い、歴史の「終わり」を渇望する黙示思想に抗い、「終末は無い」と主張するコヘレト。 「時」「飲み食い」「ヘベル …

詳細へ

キリスト教の主要神学者 上 -テルトゥリアヌスからカルヴァンまで-

人物でたどる神学史2000年 多彩にして曲折に富む2000年の神学史の中で、特に異彩を放つ古典的代表者を精選し、彼らの生涯・著作・影響を通して神学の争点と全体像 …

詳細へ

植民地化・デモクラシー・再臨運動 -大正期キリスト教の諸相-

日露戦争終結から満州事変までの四半世紀は、帝国主義とデモクラシー思想が進展する近代日本の転換期であった。韓国の植民地化、吉野作造の民本主義、内村鑑三らの再臨運動 …

詳細へ

古代キリスト教思想の精神

キリスト教信仰の源泉への道案内! なぜ教会の形成期にキリスト教的思考は人々を強く惹きつけたのか? オリゲネス、アウグスティヌス、証聖者マクシモスら数々の思想家の …

詳細へ

古代のシナゴーグ

イエス、そしてパウロの宣教活動の拠点となったシナゴーグ(会堂)。 ユダヤ人の生活の中心であるその建物は、どのような施設であったのか。 2人の第1人者の書き下ろし …

詳細へ

神こそわれらの砦 -内村鑑三生誕150周年記念 〔CDつき〕-

激動の明治期に「地球」を視野に入れて生きた内村鑑三。彼の生きかたと信仰を、国際的に、思想的に、無教会の内外から、若者の視点から、多面的に問う論考の数々。 「不安 …

詳細へ
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.