キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
出版書籍
1 2 »

日本キリスト教史 -年表で読む-

渡来から現代まで、国家の宗教政策との関係を軸に辿る、これまでにない〈日本のキリスト教〉の通史。 *特定の教派や人物中心ではない公平な記述。 *貴重な当事者の証言 …

詳細へ

日本キリスト教史物語

日本キリスト教史物語

日本にとって「お騒がせ宗教」ともいえるキリスト教は、日本の歴史とどのように接触し、衝突し、影響しあってきたのか。著者の豊富な研究を凝縮、幅広い視野によってキリシ …

詳細へ

内村鑑三日録 12 -万物の復興 1925-1930-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1925~1930。ドラマに満ちた思想家の最晩年 幾多のドラマと試練を …

詳細へ

内村鑑三日録 1 -青年の旅 1861-1888-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1861-1888

詳細へ

内村鑑三日録 11 -うめく宇宙 1920-1924-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1920~1924。1920年で内村は60歳の還暦を迎 えました。大勢 …

詳細へ

内村鑑三日録 10 -再臨運動 1918-1919-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1918-1919。1 再臨運動の開幕(聖書の預言的研究演説会;日本基 …

詳細へ

内村鑑三日録 8 -木を植えよ 1908-1912-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1908-1912。本社会から遠ざけられた内村は、荒廃 した国土と人心 …

詳細へ

内村鑑三日録 7 -平和の道 1903-1907-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1903~1907。日露戦争を前に「戦争廃止論」を唱え たことにより、 …

詳細へ

内村鑑三日録 6 -天職に生きる 1900-1902-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1900-1902。キリストのため。国のため。二十数年 にわたる艱難辛 …

詳細へ

内村鑑三日録 5 -ジャーナリスト時代 1897-1900-

内村研究の第一人者が、「不敬事件」前後の言動を、新資料を駆使して日毎に記述し、真相に迫る。1897-1900。『万朝報』英文欄主筆に迎えられ、の ち自ら『東京独 …

詳細へ
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.