キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
出版書籍
1 2 »

アウグスティヌス『神の国』を読む -その構想と神学-

二つの愛が二つの国を造った 古代教会最大の思想家アウグスティヌスの畢生の大作であり、その後のヨーロッパ思想の歴史観・国家観に多大な影響を及ぼした『神の国』。 ア …

詳細へ

ヒエロニュムスの聖書翻訳

真理は“ヘブライ語”原典にある! ウルガータ聖書の翻訳者として不朽の名を残す教父ヒエロニュムス。 彼の翻訳理論の底流にあった「ヘブライ的真理」の思想とは何か。 …

詳細へ

古代キリスト教と哲学

 名も知れぬユダヤ教の一分派にすぎなかったキリスト教はなぜ地中海世界で勢力を伸ばすことができたのか?その背景には、古代世界の高等教育の要であった「哲学」の存在が …

詳細へ

キリスト教の主要神学者 上 -テルトゥリアヌスからカルヴァンまで-

人物でたどる神学史2000年 多彩にして曲折に富む2000年の神学史の中で、特に異彩を放つ古典的代表者を精選し、彼らの生涯・著作・影響を通して神学の争点と全体像 …

詳細へ

[キリスト教古典叢書]アウグスティヌス神学著作集

「キリスト教の第二の創始者」(ヒエロニュムス)と呼ばれ、西洋思想に広く影響を与えたアウグスティヌス。 アウグスティヌスの完成期の神学思想は、ペラギウス派やドナト …

詳細へ

[キリスト教古典叢書]神の国 下

アウグスティヌスが執筆に約15年を費やした大著にして、後世に多大なる思想史的影響を与えた古典的名著の全訳。下巻(第14巻─第22巻)では、聖書における人類の歩み …

詳細へ

[キリスト教古典叢書]神の国 上

古代教会最大の思想家アウグスティヌスの代表作の一つであり、西欧の国家論・歴史哲学理論の形成に大きく寄与した記念碑的大著の全訳。上巻(第1巻─第13巻)では異教徒 …

詳細へ

キリスト教神学の主要著作 -オリゲネスからモルトマンまで-

2000年の神学史を俯瞰する 神学書ブックガイドの決定版! オリゲネス、アウグスティヌスからルター、カルヴァン、そしてバルトやボンヘッファーに至るまで、18人の …

詳細へ

[アウグスティヌス著作集]アウグスティヌス著作集 別巻2 -書簡集(2)-

アウグスティヌスの書簡252通のうち、ほぼ4割に及ぶ101通を選んで2冊に収録。アウグスティヌスの生きた時代を知る上で重要な資料であるばかりでなく、書簡を通して …

詳細へ

[アウグスティヌス著作集]アウグスティヌス著作集 別巻1 -書簡集(1)-

アウグスティヌスの書簡252通のうち、ほぼ4割に及ぶ101通を選んで2冊に収録。アウグスティヌスの生きた時代を知る上で重要な資料であるばかりでなく、書簡を通して …

詳細へ
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.