税込価格:4536円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

旧約聖書を生んだ捕囚後ユダヤ共同体の実態を描いた力作を増補改訂

捕囚期以後、ペルシア時代のユダヤ共同体(イェフド)は歴史的・社会的試練と苦難に直面し、それを神への信仰によって乗り越えようとした。その苦闘の結晶が旧約聖書である。律法・預言書・諸書、旧約正典諸文書編纂の担い手となった人々、諸文書の成立した時代的・社会的背景を問うた力作を増補改訂、さらに聖句索引を付す。

【目次】

第一部  五書

1  五書における歴史批判的研究の歴史

2  「契約の書」における捕囚期以後ユダヤ社会の構造

3  旧約聖書における審判思想の歴史的発展過程についての考察

第二部  預言書

4  申命記主義的歴史書とは何か

5  エレミヤ書の「申命記主義的編集層」に関する一考察

第三部  諸書

6  Qumran 共同体における貧者の神学

7  詩編における貧者の神学

8  「貧者の神学」の社会経済的背景に対する考察

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。