税込価格:2160円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

伝道力の回復を目指して

イエスの十字架上での死を起点に、キリスト教信仰の中核を占める「贖罪」。旧約聖書、新約聖書での理解を踏まえ、人権理念の形成と法制化を背後で支えた贖罪信仰を多角的に論じ、日本の教会の使命を再考する論文集。

【目次】

第1章 苦難のメシアと共同体(大島力)

第2章 ヨハネ福音書における贖罪理解(高砂民宣)

第3章 ルターの十字架の神学の今日的意義(H=M・バルト)

第4章 17世紀イングランド・ピューリタンの贖罪理解(須田拓)

第5章 人権法制化に与えた信仰復興運動の影響(

第6章 atonementの神学的意味の変遷とその影響(森島豊)

第7章 日本におけるキリスト教人権思想の影響と課題(森島豊)

第8章 タイにおける「信教の自由」の確立に与えたキリスト教の影響(森島豊)

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。