税込価格:3240円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

〈弱者に対する強者の優越感というものは医療の場では極めて起こりやすいことで、しかも強者自身は案外気づいていないことが多いのではなかろうか。医療者も一度病人という弱者になってみるのが一ばん手っ取り早く、このことに気づく道かもしれないが、みんなにこの道をとられても困る。だから唯一の可能な道は「自分もまた病みうる者だ」「自分もまた死にうる者だ」ということを、絶えず念頭においておくことだろう。もうひとつ医療者が知らず知らず持ちやすい思いあがりの心は、「患者の心は何もかもよくわかっている」と思い込んでしまうことだろう。〉
(「医師が患者になるとき」より)


【目次】

第一部
ひととしごと
島の診療記録から
自殺と人間の生きがい
生きがいについて――生きているねうち
心に残る人びと
患者さんと死と
コラム「天窓」
自己の死と孤独
なぐさめの言葉
老人と、人生を生きる意味
沈黙の意味
医師が患者になるとき
対談・病める人と病まぬ人(神谷美恵子・外口玉子)

第二部
限界状況における人間の存在
人間学
「ピネル神話」に関する一資料
西洋臨床医学の生命観

初出一覧
神谷さんのまなざし 外口玉子

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。