税込価格:2484円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

日本を象徴する花として愛されてきた「桜」。明治以降でも「日本になじまない」とされてきたキリスト教の「十字架」。この対比をどう考えればよいのか。十字架(キリスト教)と桜(日本)との対峙の根底に厳然と横たわる「日本的なもの」を浮き彫りにし、「キリスト者日本人」の使命を考える。

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。