キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
書籍情報
« 1 2 3 4 122 »

エフェソ書を読む 釈義と説教

教会指導者に宛てた教導的小論として読む   パウロ神学を受け継ぐ原始教会の指導者たちは、コロサイ書を踏まえつつ、新たな神学的・実践的状況に直面し、その …

詳細へ

クエーカー入門

「内なる光」の内奥に迫る   17世紀イングランドで始まり、監獄改善や奴隷制度反対といった運動に与し、欧米型市民社会の形成に大きな影響を与えたクエーカ …

詳細へ

南島キリスト教史入門  -奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境-

最新の沖縄キリスト教通史   琉球王国の最大版図とほぼ重なる「南島」のキリスト教は、日本のキリスト教に従属しない独自の広がりを持つ。 なぜ南島には多く …

詳細へ

[新教新書]バルト自伝

没後50年記念新装復刊! バルト自身によるバルト入門   アメリカの雑誌の求めに応じてバルトが10年ごとに綴った3編の自伝的文章を収録。 42歳から7 …

詳細へ

聖書の風景 小磯良平の聖書挿絵

画家は何を、聖書から読み取り、形にしたのか──   日本を代表する洋画家小磯良平(1903-1988)が、日本聖書協会から委嘱され口語訳聖書のために書 …

詳細へ

新約聖書と神の民 下巻

英語圏を代表する新約聖書神学、ついに邦訳完結。   全5巻からなる壮大な「キリスト教の起源と神の問題」の第1巻。 本下巻では、いよいよ原始教会の信仰問 …

詳細へ

歴史から世界へ 20世紀のプロテスタント神学におけるキリスト論の諸問題

イエスとは誰か、キリストとは誰か。史的イエスをめぐる聖書学の知見は20 世紀神学のキリスト論に大きな問題提起を突きつけた。バルト、ブルトマン、ティリッヒ、ボンヘ …

詳細へ

[バルト・セレクション6]教会と国家III 戦後の冷戦時代

ハンディな文庫で読めるバルトの新選集。 戦後の再建期から激しい東西冷戦期へと向かう困難な時代に、冷静な神学的・政治的判断の何たるかを示す。 敗戦間もないドイツ国 …

詳細へ

キリスト教の再定義のために

1957 年の処女作「安藤仁一郎」から2017 年の「米寿を迎えて」まで折々に綴り語った文章55 編を精選。長らく日本の聖書学界を牽引し、また教会と教育に仕えて …

詳細へ

聖書翻訳者ブーバー

ブーバーはなぜ聖書翻訳を志したのか。その翻訳の特質をなす預言者的解釈とは何か。それは彼の対話的哲学とどのように関係するのか――。従来ほとんど考究されてこなかった …

詳細へ
« 1 2 3 4 122 »
3Fキリスト教書籍売り場

【リンクフリー宣言】 ■ 当サイトはリンクフリーです。 ■ リンクを張る際に特に連絡は必要ありません。 ■ 当サイトのどのページにでも自由にリンクを張って構いません。 *ただしトップページ以外のリンクはアドレスが変わる可能性があります。
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.