キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
出版書籍
1 2 »

古代イスラエル宗教史 -先史時代からユダヤ教・キリスト教の成立まで-

古代の民の信仰の豊かさを素描する パレスチナで成立した二つの世界宗教はどのようにして形成されたのか? 聖書世界ではどのような祭儀が行われていたのか? 約1万年前 …

詳細へ

ヨハネ福音書入門 -その象徴と孤高の思想-

その不思議な魅力に迫る 詩的な響きをもって「イエスとは誰か」が語られ、共観福音書とは異なる存在感を放つヨハネ福音書。基礎的知識から現代での読み方まで幅広くカバー …

詳細へ

ヒエロニュムスの聖書翻訳

真理は“ヘブライ語”原典にある! ウルガータ聖書の翻訳者として不朽の名を残す教父ヒエロニュムス。 彼の翻訳理論の底流にあった「ヘブライ的真理」の思想とは何か。 …

詳細へ

金の子牛像事件の解釈史 -古代末期のユダヤ教とシリア・キリスト教の聖書解釈-

罪と罰の物語の深層 出エジプト記32章の「金の子牛像事件」は、ユダヤ教にとっては先祖の「大いなる罪」であり、キリスト教にとってはユダヤ教への非難材料であった。各 …

詳細へ

Q文書 -訳文とテキスト・注解・修辞学的研究-

イエスの真の言葉に迫る! マタイとルカが用いたイエスの言葉資料“Q”とは何か? 幻のギリシア語本文を復元して日本語との対訳を提示し、注解と修辞学的分析を加えた本 …

詳細へ

わが主よ、わが神よ -イエス伝講解説教集-

日本説教史の宝、待望の復刊! 「待ちに待った復刊! 本書は日本説教史の宝です。福音の真髄を知るために、どうぞ! 恵みのキリストにお会いできます」(加藤常昭) 1 …

詳細へ

イエスは何語を話したか? -新約時代の言語状況と聖書翻訳についての考察-

イエスはどんな言葉で、弟子や民衆と語り合ったのか。聖書の読者が抱くこの素朴な問いに答えを与えるべく、新約時代のパレスチナにおける言語状況を諸資料から掘り起こし考 …

詳細へ

[キリスト教古典叢書]エラスムス神学著作集

エラスムスの神学思想の全貌を探る! ルネサンス人文主義の代表的な知識人であり、ヨーロッパ近代精神の先駆けとなる思想家エラスムスは、同時代人に「信仰の再生をもたら …

詳細へ

旧約聖書文学史入門

多様性を理解するためのアプローチ 諸伝承はどのようにして「聖典」になったのか? 旧約聖書のテキスト群を時代区分・類型によって文学的に特徴付け、成立過程と相互連関 …

詳細へ

イエスとパウロ -キリスト教の土台と建築家-

キリスト教の土台であるイエスの上に建築家として建てていくパウロ。この二人はどのような関係にあったのか? 史的イエスの信憑性やパウロの回心過程など、聖書学および現 …

詳細へ
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.