税込価格:864円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

音楽史における時代区分は独特である。17世紀以降のバロック、クラシック(古典派)、ロマン派、後期ロマン派さらに国民楽派、二十世紀音楽へと流れていくそれぞれの特徴はどこにあるのか。それらの音楽の目指したものは何なのか。美術史を専門とする一方、生涯をかけて「聴く」ことに精力を傾けた巧者の、西洋音楽に対する熟成の極みに達した愛と深い造詣が綴られる。

    第一章 バロックからクラシックへ
    第二章 クラシッックからロマン派へ
    第三章 クラシックとロマンティック
    第四章 クラシックからバロックへ
    第五章 諸国の音楽
    第六章 クラシックの終焉
    第七章 二十世紀の音楽

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。