地人論
税込価格:713円
購入サイトへ 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

日本国は西漸する西洋文明と東漸する東洋文明とを綜合止揚すべき世界的立場にあるとの確信を、世界地理と世界歴史とにより証明しようと試みたもの。「東西両洋の媒介者」たることを日本人の「天職」であるとした本書は、1894(明治27)年に「地理学考」の書名で刊行され、のち「地人論」と改められた。解説=鈴木俊郎

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。