キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
書籍情報
1 2 3 8 »

現代に語る内村鑑三 ロマ書の研究・下

日本が軍国主義に向かう時代、ナショナリズムの危機を聖書から読み解き、近代日本の思想界にインパクトを与えた不朽の名著が最新の日本語訳の聖書でよみがえる。 下巻は8 …

詳細へ

現代に語る内村鑑三 ロマ書の研究・上

日本が軍国主義に向かう時代、ナショナリズムの危機を聖書から読み解いた不朽の名著を最新訳の聖書で読む。   上巻 第1講~第33講

詳細へ

ジャパン・クリスチャン・インテリジェンサー 日本と世界の友へ

内村鑑三が1926~1928年に刊行した英文月刊誌『ジャパン・クリスチャン・インテリジェンサー』。そこに掲載された内村自身の筆による主要な論説文や詩文の日本語訳 …

詳細へ

求安録

岩波文庫リクエスト復刊 2016春 本書は,著者が逆境にあって精神の平安を探し求め,これをキリスト贖罪の福音において見出しえた深切なる信仰的実験の記録であり,同 …

詳細へ

[光文社古典新訳文庫]ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか

武士の家に育った内村は、進学した札幌農学校で半ば強制されるようにキリスト教に入信した。その懐の深さに心を打たれた彼は、やがて真のキリスト教国をその目で見ようとア …

詳細へ

[岩波文庫]宗教座談

「私は教師でも牧師でも神学者でも何でもありません」。内村思想・行動の中核をなす信仰とは学問的真理ではなく、自身の生に根ざした「事実」であった。なぜ信じるのか、な …

詳細へ

[岩波文庫 青119-1]基督信徒のなぐさめ

明治24年、折からの国粋的反動主義の世情の中で、教育勅語の礼拝を拒否して教職を追われた内村鑑三は、困窮の中から処女作である本書を世に送った。逆境にあるキリスト者 …

詳細へ

地人論

地人論

日本国は西漸する西洋文明と東漸する東洋文明とを綜合止揚すべき世界的立場にあるとの確信を、世界地理と世界歴史とにより証明しようと試みたもの。「東西両洋の媒介者」た …

詳細へ

新一日一生 -[内村鑑三]-

「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、『わたしは何の楽しみもない』と言うようにならない前に。また日や光や、月や星の暗くならな …

詳細へ
1 2 3 8 »
3Fキリスト教書籍売り場

【リンクフリー宣言】 ■ 当サイトはリンクフリーです。 ■ リンクを張る際に特に連絡は必要ありません。 ■ 当サイトのどのページにでも自由にリンクを張って構いません。 *ただしトップページ以外のリンクはアドレスが変わる可能性があります。
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.