1・2階 和書部のイベント・フェア情報がわかる!

 “こちわしょ”7月号を発行しました。O-56-8

今月のラインアップ

食について、日本人の思うこと『食エッセイ』フェア

『夏の文庫』フェア

1階からのお知らせ

第167回芥川賞・直木賞候補作 決定!

「今月の1冊」

 

*もっと情報満載の“こちわしょ”を店頭でも配布してます。ご来店の際には是非ご覧ください。

 

食について、日本人の、思うこと
『食エッセイ』フェア       7/1(金)~  二階

食べることこそ我々の日常だ!と言っても過言ではない。
食によって、健康が、頭の働きが、運動能力が左右され、挙句の果てには人生の有用までに影響するのだ。

なんて、大げさに言ってみましたが、
やはり食が最も大切であることには疑いがない。
では、何を食べればいいのか、さらに楽しく食べるには?
今回のフェアは、それらに応えるべく、あらゆる食エッセイを集めてみました。
食に関する知識を深めたり、ひとの食卓をのぞいてみたり、達意の文章による味覚を堪能したり、
自ら作ってみたいレシピを見つけたり、どうぞお楽しみください。

 

 

『夏の文庫』フェア        7/3(日)~  中2階

今年も夏がくる。
あと何回 夏を過ごせるのだろう。
あと何冊 本を読めるのだろう。

暑い夏を忘れてしまうような、熱中してしまうようなそういうひとときを過ごせる、
忘れられない一冊に出会える夏になりますように。
新潮社、集英社、KADOKAWA、河出書房新社、幻冬舎をならべてあります。

どうぞお手にとってみて下さい。

 

1階からのお知らせ    7月26日(火)~

日本居酒屋遺産・東日本編発売記念
~太田和彦フェア~

新刊を中心に太田さんの居酒屋に関する書籍などを集め、
1階の売り場にてフェアを開催いたします。

また、1・2階の階段脇にてパネル展も期間中に開催予定です。

 

第167回 芥川賞・直木賞候補作 決定!

         芥川賞候補作
小砂川チト   『家庭用安心坑夫』  (群像6月号)
●鈴木涼美     ギフテッド   (文學界6月号)
●高瀬隼子おいしいごはんが食べられますように(群像1月号)
●年森瑛        『N/A』     (文學界5月号)
●山下紘加     あくてえ    (文藝夏季号)

        直木賞候補作
●河﨑秋子  
絞め殺しの樹    (小学館)
●窪美澄    夜に星を放つ   (文藝春秋)
●呉勝浩       爆弾      (講談社)
●永井紗耶子  女人入限    (中央公論新社)
●深緑野分  スタッフロール   (文藝春秋)

                                                     *選考会は720日(水)

 

 

 

「今月の1冊」


『天使が見たもの-少年小景集

阿部昭 


946円(税込)

中公文庫

 

少年を主題にした短篇が14編収められた文庫オリジナル。
子供のアンソロジーと説明がある本ですが、
ほとんどの作品に、親の、大人としての視点が感じられます。

―それは子供を通り越して見る、遠くへのまなざし。
日常の静かな流れの中に、所々散らばった削られた小石のような過去、
それは時と共に心の影となり、子供との間にも境界線を引いてゆく。
それでも幼いものはきっと手をつないでくる。
昔の子供が今はもう存在しないかのように、息をするかのように。
あたたかい手で。
やさしくて、気持ちが少しシンとする数々の小品が読める珠玉の1冊です。

H.K.のオススメ