税込価格:518円
この商品を買う 問い合わせる
※在庫状況についてのご注意。

内容詳細

明治24年、折からの国粋的反動主義の世情の中で、教育勅語の礼拝を拒否して教職を追われた内村鑑三は、困窮の中から処女作である本書を世に送った。逆境にあるキリスト者の見出す慰めは何かと問うた魂の自叙伝ともいうべきこの書は、著者の無教会の立場の出発点となった。(解説=鈴木俊郎)1939/9/15初版。

※教文館出版部の出版物については「出版部」の商品ページに在庫表示がございます。