朗読とギターによる プラテーロとわたし

“プラテーロ”は詩人ヒメネスが故郷スペイン・アンダルシアでともに過ごした ろば。
月のように銀色で、ふんわりした毛並みにきらめく真っ黒な瞳。呼ぶとうれしそうに駆けてくる。
ノーベル賞作家ファン・ラモン・ヒメネスの田園詩『プラテーロとわたし』にイタリアの作曲家、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコが言葉によりそうギターの曲をつけています。
デュオ結成20年の大城みほ&大谷環の朗読とギターが、ヒメネスがプラテーロに語りかけながら過ごした日々に、あなたを誘います。日本語上演です。

日時:2019年9月12日(木)18時~19時30分
会場:教文館6階 ナルニア国店内
定員:60名
参加費:2000円 ※当日受付でお支払いください(現金のみ)
*当日は午後5時にていったん早仕舞いいたします。
会場の準備が出来次第、午後5時40分頃より受付を開始いたします。

【申込方法】★ナルニア国の店頭でもお申し込みいただけます!
○メールでお申込みの場合は下記のアドレスに必要事項をお書き添えの上、ご送信ください。
申込メールアドレス:narnia@kyobunkwan.co.jp (24時間OK!)
件名:「プラテーロとわたし」/本文:①参加者のお名前 ②電話番号
【メールで申込みの方へ】
必ずナルニア国のアドレスからの返信を受信可能にしてください。
ナルニア国からの返信を受信した時点で受付が完了します。
送信から3日以内に返信が届かない場合は受付が完了していませんので、お電話にてお問い合わせください。

○お電話でもお受けいたします。
ナルニア国 ℡ 03-3563-0730(午前10時~午後8時)

出演 大城みほ:朗読 大谷環:ギター
みほ&大谷環の名で歌とギターのアンサンブルをスタートさせて20年。世界の歌曲から シャンソン、カンツォーネなど広いジャンルで演奏を続けている。 みほの明るく柔らかいソプラノに寄り添うような心地よい大谷のギターに、心をつかまれるファン多し。
CDに「Tranquillo」「月に寄す」「エスパーニャ」など多数。シリーズ・コンサートとして 「*ロマニリョスとうたうシューベルト」は7回目をむかえている。
*大谷環の奏でるギター、ロマニリョスは“ギターのストラディバリウス“とも称えられる。 http://www.ooshiromiho.com/

★当日はCDの販売とサイン会を予定しております!