石井登志子氏講演会
『リンドグレーンの戦争日記 1939-1945』が気づかせてくれたこと

『長くつ下のピッピ』や『やかまし村の子どもたち』などの楽しいお話で世界中の子どもたちをとりこにするアストリッド・リンドグレーン。彼女がデビュー前の30代に綴った戦争日記の全訳が昨年出版されました。
中立国スウェーデンの若い母親だったリンドグレーンが、世界で起こっている出来事をどのように見ていたのか、そして、この日記が今を生きる私たちに教えてくれることは何かー昨年秋に、この歴史ドキュメントとしても大変貴重な日記の翻訳を終えられた石井登志子さんをお招きしてお話を伺います。
いまだに戦争がなくならない世の中で、一人ひとりが考え行動するためのヒントがこの日記にはきっとあります。一人でも多くの方にこの本を手に取っていただけますように! 皆さまのご参加をお待ちしています。

日時:2018527日(日)14時~15時30分
会場:教文館9階 ウェンライトホール
※受付は13時30分~
定員:100名
参加費:1,000円 ※当日受付でお支払いください。

【申込方法】
受付開始:電話・メールともに4月16日(月)午前10時~
参加ご希望の方はメール、あるいはお電話でナルニア国までご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了いたします。
申込メールアドレス:narnia@kyobunkwan.co.jp
→受付開始初日のみ10時~、それ以降は24時間OK!
申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後8時)
※1コール1名様のみ

*お知らせ*
この講演会は、ナルニア国発行の「イベント優先参加券」使用可能の講演会です。「イベント優先参加券」をお持ちの方はぜひご利用ください。確実にご参加いただけます。下記の日程で電話予約を受付いたしますので、「イベント優先参加券使用」とお伝えください。    
★優先期間:2018413日(金)~15(日)の3日間★

*講演会終了後にサイン会が予定されています*
石井登志子さんのサインをご希望の方は、当日ナルニア国で『リンドグレーンの戦争日記』をお買い求めください。