キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
教文館公式サイト > 教文館出版部 > 日本キリスト教史
出版書籍
1 2 »

海老名彈正関係資料

海老名の実像を知るために必須の資料集! 日本におけるプロテスタント・キリスト教の最初期の代表的な指導者である海老名彈正。しかし、彼の信仰・神学については選集・全 …

詳細へ

人になれ人、人になせ人 -クリスチャン・サムライ 海老名彈正-

「クリスチヤンになることによつて、人間になり得るのである」 明治維新によって階級制度が解体し、「和魂」「東洋道徳」も崩壊した時代に、武士道・儒教の伝統を踏まえて …

詳細へ

日本キリスト教史 -年表で読む-

渡来から現代まで、国家の宗教政策との関係を軸に辿る、これまでにない〈日本のキリスト教〉の通史。 *特定の教派や人物中心ではない公平な記述。 *貴重な当事者の証言 …

詳細へ

キリシタン大名高山右近とその時代

「福者」になった戦国武将 信長や秀吉に重用されるも、その信仰ゆえに国外追放され、マニラで客死した高山右近。2016年に「聖人」に次ぐ崇敬の対象「福者」に認められ …

詳細へ

キリスト教学校教育史話 -宣教師の種蒔きから成長した教育共同体-

宣教師の働きから芽生えたプロテスタント・キリスト教による学校教育は、近現代史にどのような足跡を残し、信教と教育の自由を脅かす諸問題とどう対峙してきたのか? 明治 …

詳細へ

植民地化・デモクラシー・再臨運動 -大正期キリスト教の諸相-

日露戦争終結から満州事変までの四半世紀は、帝国主義とデモクラシー思想が進展する近代日本の転換期であった。韓国の植民地化、吉野作造の民本主義、内村鑑三らの再臨運動 …

詳細へ

天皇制国家と女性 -日本キリスト教史における木下尚江-

明治国家の天皇制による統制に真正面から対抗し、独自の平和主義・民主主義に依拠して国体論や軍国主義を激烈に批判、また廃娼運動を主導するとともに婦人参政権の実現を訴 …

詳細へ

宣教師と日本人 -明治キリスト教史における受容と変容-

宣教師たちが日本にもたらしたキリスト教とはどのようなものであったのか? また日本人はそれをどのように受容したのか? 国家の宗教政策に対して各教派・宣教団体はどう …

詳細へ

[キリシタン文学双書 キリシタン研究第48輯]ひですの経

「幻のキリシタン版」の再発見 1611年にイエズス会により長崎で開版され、20世紀初頭にドイツの書店の目録に載り、存在は確認されていたが、それから行方不明になっ …

詳細へ

日本のキリスト教は本物か? -日本キリスト教史の諸問題-

キリスト教受容の問題点を探る なぜ日本にキリスト教は広まらないのか。日本のキリスト教の知識偏重、多数の棄教者の存在、殉教者の不在、社会主義者の排除、戦時中の国策 …

詳細へ
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.