キリスト教書店「銀座教文館」の公式サイトです。
出版書籍
1 2 3 »

新キリスト教組織神学事典

激動の世界のただ中で、われわれは永遠なる神をいかに語るのか? ◆日本を代表する神学者が書き下ろした、スタンダードかつ最高水準の事典。 ◆キリスト教の神学・思想に …

詳細へ

義認と自由 -宗教改革500年 2017-

近代的自由の源泉がここに! 16世紀に教会と神学を一新し、その後、社会・文化・政治をも新たに形成した「宗教改革」。その中心テーマであった義認論の歴史的・現代的意 …

詳細へ

キリスト教弁証学

なぜキリスト教でなければならないのか? 世俗化・脱宗教化した現代世界に、キリスト教信仰の真理性を鮮明に語るのと同時に、教会に不断の改革を求め、キリスト教の自己変 …

詳細へ

なぜクリスチャンになるの -その意義は何か-

神学書の新しい地平を開く! 世俗化の進んだ現代において、キリスト者であることの意義とは何か? 教会が喜びと自由に溢れたくつろぎの場となるためには何をすべきなのか …

詳細へ

改革派正統主義の神学 -スコラ的方法論と歴史的展開-

17世紀の正統主義神学は、宗教改革からの「逸脱」なのか? それとも「成熟」なのか? 後・宗教改革期の改革派神学の方法論と歴史、そして主要な神学者を概観。現代にま …

詳細へ

だれもが知りたい キリスト教神学Q&A

神学が分かると、欧米文化がもっと分かる イエスは神? それとも人? 神はどこからきたの?  神がつくった世界に、終わりがあるの? 悪が氾濫する混迷の時代に、神は …

詳細へ

救済史と終末論 -組織神学の根本問題3-

伝道と教会形成の神学的基盤がここに! 著者が構想する「組織神学的教義学」の最終巻。本書では、救済の一回的・決定的な転換点であるイエス・キリストにおける贖罪の出来 …

詳細へ

[キリスト教古典叢書]エラスムス神学著作集

エラスムスの神学思想の全貌を探る! ルネサンス人文主義の代表的な知識人であり、ヨーロッパ近代精神の先駆けとなる思想家エラスムスは、同時代人に「信仰の再生をもたら …

詳細へ

神が美しくなられるために -神学的美学としての実践神学-

なぜ憧れの言葉が神学の言葉にならないのか? 戦後ドイツの霊的閉塞感が漂う教会に、神の言葉の神学を継承しながらも、聖霊論的なパースペクティヴによる新しい実践神学の …

詳細へ

ウェストミンスター小教理問答

〈底本への忠実さ〉と〈日本語としての読みやすさ〉を両立させた画期的な翻訳 厳密な教理と深い敬虔が一体化したピューリタンの霊性の結実として、時代・地域を超えて愛さ …

詳細へ
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社教文館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.